空気の乾燥した冬場、部屋に舞う埃をしっかりと取る方法を紹介します。

空気が乾燥する冬場は、掃除をしても埃が舞っていて困るという方は多いかと思います。
お子様の居る家庭では特に気をつけておかないと、肺炎やアレルギーといった症状を引き起こしかねません。
ペットがいれば抜け毛などもありますから、余計に気になるかと思います。
そんな冬場の掃除の仕方をご存じでしょうか?
夏場と同じように掃除していても、なかなかキレイには出来ないのです。
冬場の掃除の問題、それは細かい塵や埃です。
掃除機をかけても完全に取り切れないどころか、あざ笑うかのように部屋に入る陽射しの中にキラキラと輝いています。
掃除機をかけて拭き掃除をしても取り切れないこの埃、実はちょっとした方法でかなり減らすことが出来るのです。
その方法とは「濡れ雑巾での拭き掃除を最初にする」ということ。
最初に掃除機をかけてしまうと、空気が乾燥している冬場では埃が舞ってしまって、実は殆ど取れていないのです。
そこで、埃を立てないよう濡れ雑巾でそっと撫でるように拭いて、まとまった埃を掃除機で吸うようにするとしっかりと取り除くことが出来ます。
夏場は湿気があるので掃除機だけでもそれなりに取れますが、空気が乾燥する冬場にはほんの少し、掃除の手順を変えることが必要なのです。

▲ページトップに戻る